2014年03月31日

〔ギャラリーワン〕ミッシェル・バテュ/昼下がりの海岸

こんにちはギャラリーワンです。

今日ギャラリーワンがご紹介する作品はこちら!

ミッシェル・バテュ/昼下がりの海岸



アーティスト ミッシェル・バテュ

タイトル    昼下がりの海岸



コメント

アンティル諸島の海岸には、小さな日除けの場があります。この小さな建物を見ていると、骨組みが廃れて行くということが、遠く離れたこの地方ではひとつの魅力に見えました。白い砂浜と青い空―平和。




ギャラリーワン ミッシェル・バテュ をYahoo! で探す


(C)ギャラリーワン







posted by ギャラリーワン株式会社 at 11:13| 【ギャラリーワン】ミッシェル・バテュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月29日

〔ギャラリーワン〕ミッシェル・バテュ/渚

こんにちはギャラリーワンです。

今日ギャラリーワンがご紹介する作品はこちら!

ミッシェル・バテュ/渚



アーティスト ミッシェル・バテュ

タイトル   



コメント

ラグナビーチ(アメリカ・ロサンゼルスにある)の海岸で。一日の終わりに、オレンジ色を帯びた濃い黄色で暖かい光の中を一匹の犬だけが、まったく自由にキャンキャンと鳴きながら走り回っています。とても自由で楽しいバカンスと喜びの象徴。




ギャラリーワン ミッシェル・バテュ をYahoo! で探す


(C)ギャラリーワン




posted by ギャラリーワン株式会社 at 10:07| 【ギャラリーワン 上野】ミッシェル・バテュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月28日

〔ギャラリーワン〕ミッシェル・バテュ/逃避

こんにちはギャラリーワンです。

今日ギャラリーワンがご紹介する作品はこちら!

ミッシェル・バテュ/逃避



アーティスト ミッシェル・バテュ

タイトル    逃避



コメント

水平線を塞ぎとめるかのように、長い間そこにそびえ立つ壁は、様々な思い出に満たされ、嵐、波しぶき、時間の流れによる変化などを幾度も経験しているからこそ、生きた色彩を生み出すために、絵の具を何度も重ねるという「画家の冥利」に尽きるものなのです。障害となっているこの壁の背景には、水平線、海、砂、空、そして自由が広がっています。自由時間に応じて地上の光景を見守っている守護神の月と太陽、そして釣り人たちから置き去りにされてしまった孤独な船。



ギャラリーワン ミッシェル・バテュ をYahoo! で探す


(C)ギャラリーワン





posted by ギャラリーワン株式会社 at 09:59| 【ギャラリーワン】ミッシェル・バテュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。